facebook

その投稿、スパムかも?-Facebookでやってはいけない10のこと

Sponsored Link

Facebook、使ってますか?
最近はユーザー数が減ったと言われますが、とても便利ですので僕としてはまだまだ現役のSNSです。
ただ便利な反面、使い方を間違えると非常にまずいことになります。
そこで今回は「Facebookでやってはいけない10のこと」について。
Facebookユーザーの方はもう一度確認してみるといいかもしれませんね!


Sponsored Link

1.全体公開にする

facebook-ikenai1
– 投稿にいいねがついたり、シェアされると木の枝状にその投稿が広がっていってしまいます。
これがSNSの醍醐味でもあるのでしょうが、その分個人情報が漏れやすいということもあります。
投稿のプライバシー設定をもう一度確認するのがよいかもしれません。

2.意図がつかめない投稿

facebook-ikenai2
– 急に「信じられない…」「なんでこんなことになったんだろ?」といった他人から見たら「?」な投稿は控えるべきでしょう。
投稿した本人にしか真意がわからないような投稿は、ニュースフィードにでてきても反応に困ってしまうだけですからね。

Sponsored Link

3.スパム扱いされるような投稿

facebook-ikenai3
– 「休日に○○に行った」「子供が○○した」などといった投稿も多いのですが、あまりにも多すぎると「スパム」扱いされてしまいます。
まあ、それを気にしているくらいならFacebookなんかやるなって話ですが(笑)
承認図でも不愉快に思う人もいるかもしれないってことは頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

4.不愉快なユーザー名をつける

facebook-ikenai4
– Facebookは基本実名登録なので多くはないと思いますが、まれにリアクションに困るようなユーザー名を付けている人がいますので。

5.間接自慢な投稿

facebook-ikenai-5
– Humblebrag って言葉があるようです。
“humble(謙遜)” + “brag(自慢)” →「控えめに自慢する」という意味になるのですが、Facebookでも多くみられます。
「今日は都内の高級レストランであの○○さんとお食事をしました!」
…みたいな投稿がいい例です!(笑)