男性がルックスだけで評価されるのは10~20代前半までだと思ってます(これ本当)。
20代中盤以降は、いかに「仕事ができるか」が重要なのかと。

そこで今回は「仕事ができる男が使ってはいけない10のフレーズ」
心がけ一つで大きな差って生まれるのかもしれません。

1.「できません!」


– 「できない」の一言で終わってしまうと成長する機会を逃してしまうことにもなりかねませんね。

2.「方法がわかりません!」


– 人に何か方法を聞くことは大事ですが、これだけ情報社会として便利な世の中ですから自分で調べられることは自分で行わなければなりませんよ。

3.「それが何かわかりません!」


– もちろん知ってるふりはよくありませんが、知らないことをそのままにしておいてはいけません。
「わかりません。」の後にどう動くかが大事と言えますね。

4.「私は全力を尽くしました!」


– こういう評価ってあくまで他人が下す評価だと考えられます。
自分で言う程度でしたらまだ全力ではないはずです(苦笑)

5.「時期が早すぎませんか?」


– できない理由を時期のせいにしてはいけませんよ!

6.「時期が遅すぎませんか?」


– 大切なのはその「タイミング」をどう挽回するかなんでしょうね。
「遅すぎる」の一言で片づけてしまうことはあまり建設的と言えないのでしょう。

7.「忙しい…」


– セルフマネジメントの能力不足を公表しているようなものです。

8.「全部俺のおかげだね!」


– 『自信がある』と『自意識過剰』は決定的に違います。
仕事は少なくても一人では成り立ちません。
常に関わっている人に感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。

9.「読書?漫画くらいかな?」


– いい年齢の男が漫画ばかりでは困ります。
漫画も含めて、幅広い教養が必要と言えます。

10.「休みがない…」


– きちんと休息をすること、休みをとることも実は「仕事の一環」という認識を持つ必要があります。
そうじゃないと大抵の人は病んでいきます。

まとめ

どんな仕事でも必要な能力って、「ミスをしないようにする能力」と「ミスをしてもそれを挽回できる能力」なんだと思うんです。
要は「結果」を出せるか否か。

心がけて毎日お仕事したいものですね!