nintendo-game

任天堂ファンに言ってはいけない10のこと

Sponsored Link

ゲームと言ったら世代的に『ファミリーコンピューター』ですし『スーパーマリオブラザーズ』なんで任天堂には昔からお世話になっています。
ただ最近の数々の失敗などで結構叩かれているのも事実。
そこで今回は「任天堂ファンに言ってはいけない10のこと」について。
ファンってより、任天堂社員の人は怒っちゃう内容かも…。

1.「グラフィックが微妙だよね?」

nintendo-ikenai1
- 結構これ言われているようですが、『マリオギャラクシー』と『毛糸のカービィ』はグラフィック部門で賞を取っていますから一概には言えないのかもしれません。
でもグラフィックばかりよくても内容がさっぱりなゲームが多くなっているのも事実。。

2.「スマホのゲームに負けちゃうよね?」

nintendo-ikenai2
- これはゲーム業界全部に言えることですから、任天堂オンリーの問題ではないのでしょうね。

Sponsored Link

3.「DeNAに吸収されたの?」

nintendo-ikenai3
- 2015年の3月に『モバゲー』で有名なDeNAとの提携を発表したんですね。これによって2017年3月末までに5タイトル程のスマホゲームをリリースするとのこと。
なので決して吸収されたわけでも、合併したわけでもなくあくまで「提携」なんですね! 

4.「ソニックの方が…」

nintendo-ikenai4
- ソニックってどちらかといえば海外での評価が高い印象を受けますけど…。

5.「子供向けのゲームばかりだよね?」

nintendo-ikenai5
- 賛否両論ですが、ファイアーエンブレムは子供向けじゃないと思うの。

関連記事