mail

メールで相手に言ってはいけない6つのこと

Sponsored Link

メールが普及してもう数十年くらいでしょうか?
いまじゃあ日常生活で必須のツールになっています。
でも使い方に注意しなきゃいけないこともあります。
そこで今回は『メールで相手に言ってはいけない6つのこと』について。

1.感情的で一方的なメッセージ

– 感情的になっていると気持ちが(悪い意味で)高ぶって、普段は言わないようなことまでメールで言ってしまいがちです。
大抵トラブルを招きますので、まずは落ち着きましょう。

2.相手へのネガティブな評価

Sponsored Link

– 仕事でよく見受けられるようですが、相手(特に部下や後輩)に注意するときって非常に気を使います。
言葉のニュアンスによって大きな誤解を招くこともありますから、相手の反応を見ながらこちらも伝達表現に工夫する必要があります。
メールだけだと必ず誤解されるか、無駄にダメージ与えるだけで終わってしまいます。

3.相手を批判するようなこと

– これも同じようですが、言葉だけではその真意ってうまく伝えられないものです。
メールで伝えるくらいならすぐにフォローできるように直接会って伝えるほうが、フォローもしやすいのかもしれません。