handmade

「宣伝するからタダにしてよ!」ハンドメイドの作家に言ってはいけない7つのこと

Sponsored Link

ここ最近“minne”ってハンドメイド商品の販売サイトの成功も背中押しをしてか、ハンドメイドブーム真っ只中な感じがします。
いろんな作家さんが、それぞれ工夫をしてアイディアを練って作っている作品なんですが、この作家さんに対しても「言ってはいけないこと」って結構あるんです。
今回はハンドメイド作家の方にも取材協力させていただきました!


Sponsored Link

1.「これ、材料はガラクタだよね?」

handmade-ikenai1
– …ガラクタって言い方はひどいですが、実はけっこうこういう言い方する方いらっしゃいます。
ってかガラクタじゃないし!

2.「こんなもので○○円だって??」

handmade-ikenai2
– こういうクレームをつける人って技術料と作業時間を考えられない人に多い気がします。

3.「宣伝するから、タダにしてよ!」

handmade-ikenai3
– ボランティアで作っているわけではないので…。
そして宣伝っていったってどのくらい影響力あるんでしょうね?(笑)

4.「私でもつくれそうじゃない?」

handmade-ikenai4
– …やってみたらどうですか?(笑)

Sponsored Link
もっと読む→

5.「タダで作り方教えてくれない?」

handmade-ikenai5
– きちんとワークショップ(有料)というものがありますので…。

6.「○○さんならいくらで作ってくれますけど…」

handmade-ikenai6
– 人は人。ウチはウチですから。

7.「これをこうした方が絶対に良くなるからそうしなよ!」

handmade-ikenai7
– 俗にいう「アイディアの押し売り」ってやつですね。
大体こういう意見は的外れなことが多いんです。

まとめ

ハンドメイド作家の方ってイベントで出展することも多いから結構心無い言葉が耳に入っちゃうことも多いようです。
気持ちを込めて一つ一つ作っているんですから、買う側もきちんとした対応を心がけたいものです。

取材協力

くだらないもの工房 T-Rush 店主 橘川 匠
某有名ロールプレイングゲームを彷彿とさせる“卓上セーブポイント”が大ヒット中の人気ハンドメイド作家。
各種イベントでの販売だけでなくワークショップも企画している。

CGbDxQ-UkAAvYNi
Twitter:https://twitter.com/takumi_trush
Ameblo:http://ameblo.jp/tablesavepoint/

Sponsored Link

関連記事