「やることなすことうまくいかない!」って投げやりになってしまうこと、多いかと思います。
そこで今回は『何をしてもうまくいかない時にしてはいけない7つのこと』について。
ちょっとした意識の違いで、その後が大きく違ってくるんでしょうね!

1.その状況や他の人を非難すること




– その状況や他の人を変えようと思っていてもそう簡単にできませんし、多くの場合は無駄な努力に終わってしまいます。
変えることができないものについて心配して、多くの時間を無駄にするよりは、自分自身を改善するほうがはるかにスムーズですし楽な作業といえます。

2.短期的な目標を気にしすぎて、最終目標を忘れてしまうこと




– 「終わりよければすべてよし」ではないですが、目の前の目標や状況に頭がいっぱいになってしまい後になって結局最終的な成果としてなににもつながらなかった…なんてこと多いかと思います。
常に全体を広く見通せるような視点が必要なのかもしれませんね!

3.過度に関わり過ぎになること




– これは仕事でもプライベートでも、人間関係という点では非常に的を得ているような気もします。
お互いの適度な距離を保ちつつ関わり合うことで、いい意味で客観的に見ることができるのかもしれませんね。

4.協力せずに競争すること




– 人生のそのほとんどは「勝ち負け」だけでは測れないものが多い気がします。
それよりも「一緒に協力する」という選択肢があってもいいのかもしれません。
これは誰かライバル…に限ったことではなく、「どちらかに決めなければいけない!」という物事の選択肢の場面でも言えることだと思います。

5.人からの意見を聞くことができないこと。




– 人の意見を聞く…ということはたとえそれが批判であろうが自分にとっては非常に有益な情報でありアドバイスと言えます。
さらにその時の相手の感情(特に怒っている…などの場合)についてはさほど気にしなくていいことがほとんどです。
重要なのはその内容だけでしょうね。

6.全てを独りで行うこと




– なんでも1人でできるということは、実は非常に危ういことです。
仮にそれが間違っていたり、もっと効率のよい方法があったとしても、自分ひとりで行っている時は気づきようがありませんから。
信頼できる人からのフィードバックというものは非常にありがたいことなんだと思います。

7.体を大切にできないこと。




– 体調が悪いと、考えがまとまりませんし集中力だって鈍ります。
しかも精神面にまで影響を及ぼすので明らかに作業効率が悪くなります。
常に自分の体調管理(身体・精神)には気を付けていく必要があります。

まとめ

世の中「うまくいかない」と思うことがほとんどだと思います。
でも今回上述した7つの注意点を意識するだけで、きっと少しずつでも前にすすむことができるのかと思います。