夏本番!各地で花火大会も始まりだすこの時期、大勢の浴衣カップルを目にします。
そこで今回は「花火大会デート時に忘れてはいけない9つのこと」について。

ちなみに前半は一般向け、後半は成人向けです(笑)

1.レジャーシートなどの荷物


– せっかくの浴衣を汚してはいけませんからね。

2.相手の浴衣をちゃんと褒めること

– いつもとは違う浴衣姿をきちんと褒めるようにしましょう(特に男子)

3.トイレの場所を把握しておくこと

– 仮設トイレなども設置してあるでしょうから、事前に場所を把握しておきましょう。

4.虫対策



– この時期の外は蚊をはじめ多くの虫がいますので、快適にデートを楽しむためにも虫除けなどの対策をしておく必要があります。

5.絆創膏


– 履き慣れていない下駄や草履で長時間歩いていると、『鼻緒ズレ』を起こしてしまいます。
そのためにも絆創膏の準備は忘れてはいけません。

6.想像している以上に人に見られていること

– 遠方の花火大会ならまだしも、地元の花火大会では多くの人が来場しています。
公認のカップルなら問題ありませんが、ワケありカップルは注意する必要があります(笑)
本当に思っている以上に目撃されますから(苦笑)

7.浴衣は一度着くずれしたらなかなか戻せないということ

– 大体花火大会の後、盛り上がっちゃってそのまま…なんてこと多いようですが、浴衣の着くずれは慣れていないとなかなか元に戻せません。
捲し上げるか着替えを持っていくなどの対策をした方がいいかもしれません(笑)

8.外で『イチャイチャ』は危険がいっぱいということ

– ストレートですが、夏場の外での『イチャイチャ』は危険がいっぱいです。
虫刺されはもちろん、変な輩もうろうろしていますから…。
*ちなみに花火大会後の公衆トイレは結構な確率でいろいろあるようです(笑)

9.万が一のために『ゴム』は準備しておくということ


– 男性のエチケットです。
ちなみに財布の中に入れておくと痛んで破けやすいので注意してください(笑)

まとめ

花火大会は夏のイベントだからこそ、いろんな意味での“準備”はしておかないといけないのかもしれません。。